吉兆現象!丸い虹(日暈/ハロ)

2021/07/13

先日の休みに、17ENDへ久しぶりに行ってきました。

干潮になる前に行ったので、砂浜はそんなに出ておりませんでしたが、相変わらずたくさんの人で賑わっておりました。

景色を楽しむ人・泳いだりSUPを楽しんだりする人・写真を撮るのに夢中な人と、皆さん色んな楽しみ方をされている中で、私はと言うと、ただひたすら海の中を歩いたり浮かんだりしてのんびりと楽しんでおりました(笑)

お父さんに早く帰るよ!と言われながらも、まだ帰らない!と駄々をこねる小さなお子様が、ずっとビーチで遊んでいる様子がなんとも微笑ましい夏真っ盛りの17ENDでございました。

 

そんな中、ふと空を見上げると太陽の周りに丸い虹が!!

「ハロ(日暈)」と呼ばれる、太陽の周りにボンヤリと見える虹色の光の環が広がっておりました。

ハロ Haloとは、天使の輪や聖人の後ろに描かれる光背、後光の事を意味し、吉兆現象と言われているそうです。

スピリチュアルな意味で言えば、完全な円は常に新しい始まりを意味し、

「多くの祝福をもたらすであろう新しいサイクルに進む事を、天使(エンジェル)が見守り手伝っていますよ」というメッセージだそうです。

また、ネイティブアメリカンの世界では、ハロは神からのメッセージであると考えられ、大きな変化の時を示していると言われているそう。

これは物事の好転が期待できますね!!

もしかしたら、このコロナの時代が終わるということの前触れなのかも…と期待せずにはいられません。

 

猛暑が続く宮古島ですが、どなた様も体調管理には気を付けて日々をお過ごしくださいませ。