初めてのマカロン作り

2021/04/02

お菓子の中でも、特に失敗しやすいと言われている「マカロン

先日、初めてそのマカロンを作ってみました。

 

マカロン作りでは

・マカロナージュを適度に行うこと

・生地を適度に乾かす

・焼き時間に気を付ける

大まかにこの三つに気を付けるといいらしいです。

 

マカロナージュ

マカロナージュとは、メレンゲと砂糖類をよくなじませる作業のことで、生地を押しつぶして空気をなくす作業のこと。

この工程で混ぜ過ぎると膨らまなくなりますが、混ぜ足りないと生地に空気が残りすぎるので、表面が割れてしまう…。

なかなかに難しい作業になっております。

 

続いて、生地を絞って表面を乾かす工程。

いや、もう色々なことの前に、成形が課題ですね…。

次に作るときは、もうちょっとマシな形で作れるように頑張ります。

 

そして、焼きに入ります。

焼きすぎました…少し焦げてしまいました。

とは言え、ピエもちゃんと出来ていますし、初めてにしてはなかなか上手く出来たんじゃないでしょうか??!

 

ピエとは?

フランス語で「足」という意味のピエ。マカロン生地を焼成する際に、下部にできるはみだしたレース状の膨らみが、足のようであることが名前の由来です。
このピエは、生地表面を乾燥させ皮膜を作ることにより、膨らもうとする空気が上に出られずに、下からはみだすことにより生まれ、上手にマカロンを作れた目安とされています。

 

ピエが出来ない原因は?

1.メレンゲの泡立て不足
2.マカロナージュ不足
3.マカロナージュのし過ぎ
4.生地の乾燥不足
5.オーブンの火力不足

こちらがあげられるそう。

 

ガナッシュを絞って仕上げ

ちょっと残念な感じになってしまいましたが、初めて作った割にはそこそこ上手に作れたので満足しました♪

 

マカロンのレシピは調べると色々出てくるので、皆さんも作ってみたいと思うレシピで、マカロンを作ってみてはいかがでしょうか?