読書の秋

2020/10/12

先日フジテレビ系列の「所JAPAN」で新選組副長土方歳三さんの特集を観て、
改めて司馬遼太郎先生の「燃えよ剣」を読み返したところ、
近藤勇、土方歳三が天然理心流と言う剣術の道場を閉じて、
新選組の前身に志願したのは、江戸で流行り病が蔓延したのが原因の一つだそうです。

今でこそ、ウイルスに対しての正しい知識や対応、情報が取れる世の中ですが、
当時の人たちには人生を変える恐ろしい出来事だったと思います。

もうしばらくはコロナ禍が続くと思いますが、
コロナが終息した時は東京日野市の土方歳三資料館や歳三最後の戦地、五稜郭に行って、
土方ロードを弁天台場に向けて歩いてみたいと思います。