2020年9月号掲載「はじめまして〝ちえちゃんそば〟です」

2020/08/28



■ちえちゃん
ちえちゃんそばオーナー(東村山出身)


宮古島では珍しいとうがんそば

宮古島産冬瓜(とうがん)を使用した「とうがんそば」を皆さんご存知でしょうか?植物繊維が豊富な野菜をそばに!意外な食材ですが、今までのおそばにはない味!なぜ、「とうがん」なのかちえちゃんそばのちえちゃんにお話をうかがってきました。

■なぜ冬瓜に着目したのか?
私自身がTHE観光で宮古を訪れていたときは、冬瓜を食べたことも、市場で買うこともなかったと思います。よく観光で来ていたからこそ良さに気づくことが・・という事はありますが、これは宮古に住んでみて思い至った発想でした。「とにかく暑〜〜〜〜い」 「とにかく日差しが刺さる〜〜〜」 そんな時に大根おろしが食べたくなったのですが宮古は「大根が高〜〜〜〜い」とのことで代用したのが冬瓜。大きくて瑞々しい冬瓜。あとで知りましたが97%水分だそうです。そしてビタミンC・カリウムが豊富で、不要な塩分を体外に出しやすくして体の熱を冷ましてくれます。さすが!!宮古島が拠点産地だけあって島人の体に必要な要素が満載なんですね。上野のマンゴー農園に3年ほど働かせて頂いていたので、宮古島のマンゴーがどれだけ人気で観光客の方々が買って帰るかを知る事ができましたが、「トウガン」を抱えて飛行機に乗る人はあまりいませんよね・・折角、全国で宮古が1番出荷しているトウガンなので宮古の1番!を島内でもっと生かせたら!観光客にも食べて帰ってもらいたいな、というのが理由ですね。

■なぜお店を出そうと思ったか?
まずは東村山生まれの私が宮古島に流れ着くまで・・ですが、2003年に主人が仕事で宮古島へ旅立って行きました。すると電話がかかってきて、えらく興奮しています。そして言いました「日本に!凄いところがあったんだよ!!」と(笑)仕事柄、全国津々浦々回っていますのでよっぽど感動したんだろうと思いました。その1年後に私もその経験をすることになりますが「日本にこんなに美しいところが!!」とね。そして翌年「第一回美ぎ島ミュージックコンベンション」を開催する事にもなります。「ちえちゃんそば」には何ら関係なさそうですが、このイベントが宮古島・宮古んちゅ・守くんとの長いお付き合いのキッカケとなりました。2014年イベント10周年の年に宮古島へ引っ越し、島民としての人生がスタートします。あ、なぜお店を?それは宮古そばが1日2回食べてもいいくらい大好きだからです!(3回はちょっと無理ですね・・)

■今後の展開について教えて下さい。
まだまだオープンして5ヶ月目ですので、とにかく、来て頂いたお客様に1杯ずつ心を込めて作っています。現状コロナ禍にあり、皆様と同様に「ちえちゃんそば」も臨時休業やテイクアウトのみの営業を余儀なくされていますが、頭の中だけは自粛しないように常にトウガンを使ったメニューを開発し続けております。宮古島は他にも素晴らしい野菜がたくさんありますので、トウガンそばに野菜3品がついた「ちえちゃんそばセット」を考案しました。野菜スイーツも色々と試作中。今後は宮古野菜を使った料理教室や農家さんと島民・観光客を繋げていく、お手伝いが出来たらいいなと思っています。野菜が嫌いな子供も、作っている所を見せて実際に収穫したりすると好きになったりする事が多いそうです。嫌いな物が一つ無くなるって、人生においてとてもラッキーな事ですよね。こんな状況下ですが新しい野菜を発見したり良い事もありました。宮古に居て宮古知らずな事も沢山ありそうです。まだまだ「マイクロツーリズム」楽しめそう♪とにかく「歩けば道になる」です。止まらずにゆっくり歩き続けて行きたい「トウガン」と「宮古そば」、宮古の人達には目新しくない食材ではありますが、ちえちゃんがハゲるほど考えた「トウガンそば」一度食べに来てくださいね〜〜〜。

いつも笑顔が素敵なちえちゃん、とうがんをこよなく愛する気持ちがお話をおうかがいして、熱く伝わりました。是非「トウガンそば」を食べに行ってみてくださいね♪住所:平良字下里1154-10 070-4216-1684