伊良部大橋開通5周年

2020/01/31

伊良部大橋が開通し今日で5年。

私が移住してきた時はすでに橋が架かっていましたが、

開通前の話を聞くと、本当に島民の生活が便利になったなと感じます。

 

先週の土曜日は旧正月で、魚船に大漁旗が掲げられ

いつもはまだ電気が点いていない家も朝早くから

旧正月の準備で明かりがたくさん点いていました。

 

以前はもっと盛大だったそうですが、今もたくさんのご馳走が供えられ、

お正月料理がテーブルに並び、家族が集まって旧正月を祝っています。

 

はじめて旧正月をお祝いしたときに驚いたのが、大量で

とっても大きいおにぎり。

こんなに食べるの?と疑問でしたが、

ご先祖様全員と、家の神様。

そして地域の神様の分も握ると聞き、その多さに納得。

伝統や神事をとても大事にしてい地域なんだと改めて感じました。

 

伊良部島も空港やホテル、たくさんの新しいものが出来てきましたが、

皆が集まってお正月を祝う光景を見ていると

新しいものだけでなく、昔から続く良き伝統も大事にしていかなければと

思わせる一日でした。