2019年10月号掲載「安心・安全・ピュアな商品をお届け」

2019/09/30



■ 藤原 忠康さん
農業生産法人(株)秀明ナチュラルファーム沖縄
ナチュラルファームマーケット


安心・安全で美味しいものづくりを目指して


宮古島のサトウキビで作られるラム酒「蒼の風(あおのかぜ)」というお酒を目にしたことはありますか?植付から収穫まで、肥料・農薬を一切使わずに育てたサトウキビを原料とした商品作りをしているナチュラルファームマーケット代表の藤原忠康さんにお話をお伺いしました。

■どのようなきっかけで宮古島へ来ましたか?
今から20年くらい前に、内地で仕事をしていましたが、週末等に肥料も農薬も一切使用しないで、お米や野菜を作られている農家さんの所へお手伝いに行くようになり、沢山の消費者の方に喜ばれ、とてもやりがいのある仕事だなと思いました。そして、お手伝いに行く度に自分もやってみたいという思いがどんどん強くなっていき、どこか良い場所は無いかと移住先を探し始めました。そんな中、宮古島出身の知人から、「自然栽培のサトウキビから出来た砂糖を求めている所があるので、宮古島で誰か自然栽培でサトウキビを栽培し、砂糖を作る人いないか探している」と聞き、畑や家などいろいろ協力してくれるとのことだったので、是非行ってやってみたいと思いました。当時、宮古島の知名度はそれほど高くなく、私は宮古島がどこにあるかさえも知りませんでした。生まれて初めて飛行機に乗り、初めて宮古島にやって来ました。まず、今まで見たことのない海の色と透明度に感動しハイビスカスやバナナやサトウキビ、そして泡盛、オトーリ、方言、宮古の人の明るさや人情等全てが今までと違う宮古島がすぐに大好きになりました。よしここで、自然栽培でサトウキビを栽培し、砂糖を作って行こうと思いました。しかし、サトウキビを見るのも初めて、砂糖の作り方も知らない、はたして出来るだろうかとの思いもありましたが、きっと何とかなるだろうという希望の方が大きかったです。そして、畑を借りる所から、耕す事、栽培の方法、砂糖の作り方等、地元の色々な方に助けて頂き、砂糖作りを始める事が出来ました

■どのような商品を作っていますか
自然栽培のきび砂糖、こくとうみつ、ラム酒(蒼の風)を作っています。砂糖は、滋賀県にあるMIHO MUSEUMという美術館の自然食レストランを中心にほとんど内地に出荷しています。こくとうみつやラム酒は、宮古島の色々なお店にも出しています。「蒼の風」というラム酒は、「こくとうみつ」を発酵蒸留したラム酒で、5年熟成して瓶詰めしていますので、甘い香りとまろやかな味わいのお酒となっています。本当に好きな方はストレートで飲まれますが、ロックや炭酸水割りもお勧めです。また、「こくとうみつ」を少し溶かし入れて頂きますと、これまた絶品です。是非お試し頂ければと思います。それから、三重県で塩作りを勉強していた知人と共に宮古島へ移住してきたので、来間島近海の海水から自然塩「美ぎ島の塩」も作っています。空港、島の駅、琉球の風、ホテルのショップ、酒屋等で販売しています。

■どのような気持ちで商品を作ることを心がけていますか?
本当に安全で、美味しい物を、沢山の人に食べて頂きたいと思っています。また、そういうものを作らせて頂けることをありがたく思っています。時々、商品を買って頂いたお客様から、美味しかったとか、疲れている時にすごく元気になった等の声を聞かせて頂くと、本当に嬉しくなりますし活力にもなります。

■今後の目標は?
「蒼の風」のゴールドラム、ダークラムといった樽熟成を求めるお声も頂きますので、是非とも挑戦していきたいです。また、現在マンゴーやバナナも少しだけ自然栽培をしていますが、他の熱帯果樹にも挑戦していきたいです。

植付けから収穫まで肥料・農薬を使わずに育てたピュアなサトウキビを原料とした商品を取り扱っているので、安心・安全に口にできるのはとてもいいなと思いました。皆さんも是非お試しください。

ご予約・お問い合わせ
農業生産法人(株)秀明ナチュラルファーム沖縄[090-9780-1038]まで