2012年2月号掲載「二代目へいぞー」

2012/02/01


みゃ~くピンザ 二代目へいぞー

 宮古島の南、市街地から車で約25分城辺字砂川(ぐすくべあざうるか)の砂川さん宅に、二代目へいぞー君が居ると聞きつけ取材に伺いました。
 県道201号線沿いの、空き地に向かうと、道路の中央で堂々とお出迎えしてくれました。二代目へいぞー君の近くに歩いて行くと、思っていたより大きく、立ち上がると2メートル以上にもなり、初代へいぞー君と同じく大きな角と立派なあごひげで、飼い主の砂川さんは「初代へいぞーにそっくりだよ。」と教えてくれました。
 初代のへいぞー君は、県道235号線、島一周道路沿いのイムギャーマリンガーデン付近の空き地で、数年前に人気者になり多くの観光客や市民が記念撮影をするために立ち寄る人気の観光スポットになり、島の活性化に一役かいました。
 人気者の初代へいぞー君でしたが、一昨年の3月頃に運悪く野犬に襲われてしまったそうです。
 二代目へいぞー君の飼い主、砂川さんは今はまだ自宅の庭で飼っているが、今年の夏までには、初代へいぞー君がいた元の場所に野犬が入れないような対策をして移動させ、また初代へいぞー君の時の様に観光の方や宮古島市民の皆さんに愛される存在になって欲しいと笑顔でお話してくれました。そんな二代目へいぞー君は初代より立派な角を輝かせ、イケメン風の前髪を風になびかせながら、美味しそうに食事を楽しんでいました。

 僕も二代目へいぞー君が、宮古島市民や観光客の皆さんにお披露目されて、宮古島が賑やかになり皆さんの笑顔が見れるのが楽しみです。

記事:矢次謙童